怒る人への対処方法、モラハラから、上司、パートナーに怒る人にはこの対処方法

怒る人への対処方法、モラハラから、上司、パートナーに怒る人にはこの対処方法
Pocket

よく怒る人は、意外と多いですよね。彼女や彼氏にすぐ怒る人、妻や夫にすぐ怒る人、お店の店員に怒る人。

怒りは意外にも体力を使います。人間は長時間怒り続けるのも体力を使いますし、職場で部下をしっかり注意して!と言われても、自分も嫌な気持ちになるので、怒るのが苦手な方もいるはずです。

では日常から怒りっぽい人は、どういう原因で怒っているのでしょう。

怒ることによってメリットがある

お店の店員にサービスが悪い、俺はお客様だ。いわゆるクレーマー体質の人いますよね。これは、怒ることによって自分にメリットがあるからです。

怒っても、同等に自分に怒り返して来ない。とわかっていてやっている知能犯です。本人は今日はクレーマーやってやろう。と思っていないかもしれませんが、自分が怒ったからと言って、自分にデメリットはないと知っています。

怒ったことによって何か得ることが出来た。という成功体験があります。またストレス解消で、自分はスッキリしメリットがあったということもあるでしょう。

お客だから理不尽な要求も、自分の要求が通るとわかってしている人はモラルハラスメント気質があるとも言えます。

怒りっぽい上司への対処方法

職場で怒られると言えば、上司からのお叱りを受けることが多いでしょう。上司から怒られて、自分にも叱れれる原因があり、納得しているならば、それは上司の言葉を真摯に受け取ればよいです。

叱りと怒りが混同してしまうので、上司の言動は叱りなのか、怒りなのかまずは分てみましょう。自分の地位や優位性を利用して、業務上の適正な範囲をこえて精神的・身体的に苦痛を与えることは、パワーハラスメントに該当します。

毎日常にイライラしている上司、言葉使いが乱暴な上司、このように怒りっぽい人は、シンプルにただ怒っている人であり、対処方法を考えるといいですね。

上司が常に怒っている原因としては、過大なストレス、自分の自信への過信、または小心者で人を威嚇している場合もあります。仕事が出来る人は、部下にも優しく、最初に部下を褒めた上で、部下に改善して欲しいところを諭すのが上司です。

いつもイライラしていて、部下であるあなたがストレス解消に使われていると感じたら、あなたはイライラをぶつけても大丈夫な人と認識されているかもしれません。

あなたに理不尽な言葉を投げかけても、自分にはデメリットはないと思っているからです。あなたはむやみに自分を卑下しない。自分に自信を持って接することで、役職はおいておき、同じ会社で働く会社員として、同等の力関係でいるべきです。

反論はせず、上司の言葉をオウム返ししてみてください。オウム返ししているうちに、周囲の同僚、上司よりも上の役職の人にそれは正当なことなのか、やりすぎなのか周囲にアピールすることも有効でしょう。

怒りっぽい上司ならば、深く考えずにその言葉を発していることが多く、思慮深さに欠けるということです。あなたのオウム返しによって、上司がハっと気づいてくれたら成功です。

 

怒りっぽい彼氏(夫)への対処方法

彼氏もしくは夫というのは、あなたと親しい間柄であり、母親に甘える子供と同じようなことをしているケースが多いです。

自分の気持ちのコントロールが出来ない。というよりは、外ではきちんとした対応が出来るのであれば、あなたには甘えていて、ダタをこねているのと同じ。スーパーで「お菓子買って!」と寝転がって泣き叫ぶ子供と思ってください。

突然キレるというのも、あなたには突然キレても、僕は大丈夫です。と認識しているからです。パートナーとして対等ではありません。

このような場合は、基本は相手にしないことですね。

普段から常に歩み寄って、問題が解決しているとしたら、その男性の「成功体験」になってしまいます。このくらい威嚇したら、あなたは受け入れてくれるのだ。自分の要求が通ると学んでしまうので、あなたに怒るは通用しない。と認識させることが大切です。

このとき、口達者な女性ですと言葉でねじ伏せることが出来る人もいらっしゃいますが、あなたも気分のよいものではありませんよね。健康的なコミュニケーションが取れるのが真のパートナーシップです。

理不尽に怒られるような場合は、怯まない、相手にしない、冷静である精神力、スキルを身につける必要があります。彼がどうして怒ったのかを追求するよりも、このような場合、自分ではない人はどのように対応するのだろう‥。

視点を変えてみると、自分自身も視野が広がり、新たな好奇心が生まれるでしょう。基本はいつも怒るような人は相手にしない。あなたに不必要な人かもしれないと掘り下げて考えてみるのも一案です。

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。