男性は好きという気持ちがわからない!はよくある。男性の気持ちに寄り添う方法

男性は好きという気持ちがわからない!はよくある。男性の気持ちに寄り添う方法
Pocket

好きだから、交際する。という女性と、好きの感情がよくわからない男性のパターンは、すれ違いがちです。

私のこと好きじゃないなら、離れようと思う!ちょっと待ってください。

男性と女性の好きにはタイムラグがあります。すれ違わないコツをご紹介していきましょう。

白黒ハッキリ付けたい女性

女性は、お相手の男性のことが好きだ。自分の気持ちを理解したから、その先に進む。

好きな気持ち、感情がまずありきで、交際を考えます。

曖昧な気持ちで交際に進むことは少ないようです。男性から、付き合ってと言ってもらってない。好きだと言われていない。

自分は彼に好かれていないのではないか。彼は真剣じゃないのでは。私のこと好きなの、どうなの。

私のこと好きではないのなら、私も彼を好きでいることはやめよう。

ハッキリさせたい。スキンシップもあるのに、遊ばれているんじゃないか。

私のこと好きなの、好きじゃないの。どうなの。どんどん自分の中だけで、苛立ちが増していきます。

勝手に負の気持ちのループに入ってしまいます。

感情を抑制することを学び成長する男性たち

基本的には男性は女性を守る側であり、強くいることを求められます。

男性同士で常に競争の場面も多く、能力の高さを誇示するためにも、自分を律することを求められて成長します。

男らしくない、女々しいと言われてしまう場面に遭遇することもありますから、男性として生まれてきた以上は、男性らしくいようと自分を律することを学ぶでしょう。

素敵な人を見れば、いいなぁ。と思うのは男女ともに同じ。

スキンシップから始まったような恋の場合、女性はスキンシップをしたのだから、お相手も、自分と同じように気持ちがあって、仲良くしてくれている。と思いたいものです。

男性は魅力的な異性だから・・・仲良くしているのであって、自分の恋愛感情がよくわからないということもあります。

自分の気持ちを確かめる作業に、時間がかかることがあるのです。

時間がかかる場合は、女性側がスキンシップを先に許してしまった場合です。

お相手が受け入れてくれたのだから、自分も受け入れてくれたと男性は安心します。

そこに悪気はないのです。

お相手の女性に対して、好きだという気持ちが先に強くある場合は、出会って間もないのに、結婚しましょう。と言うこともあります。

男女で恋愛の順番が逆になりますので、その意味からも、女性が真剣にその男性と交際をしたいと考えた場合は、時間をかけて順番が逆にならないようにした方が得策でしょう。

交際を修正し、男性を待ってあげる、女性の受容性が試される

女性はこの人だ!と思うと、先走り冷静ではいられなくなり、恋の病に陥ります。

このような場合、男性側からふたりの間に温度差がある。と言われてしまうことも。

温度差と言われて勝手に悲しくなってしまうのは女性側です。

好きなのに、本気じゃないならもういいです。と好きだけど避けてしまう、「好き避け」を女性側がしてしまい、悲しい結末の方へ自ら決断してしまうことも。

このときの女性側の心の中はジェットコースターです。勝手に悲しんだり、または浮上したり。気持ちのアップダウンが激しいです。

自分の気持ちを中心に置いていますので、お相手の男性の心に寄り添っていない状態です。

男性に好きなの、嫌いなの?の2択ではなく、逃げ場を必ずつくってあげて、男性を待ってみましょう。

考えている
という男性側の発言があれば、時間をあげて待ってみましょう。白黒ハッキリせず、待っている間も、そのときの時間をふたりで楽しむことが大切です。

好きだから交際する。という女性脳と、交際してからそばにいる女性を好きになる男性脳の違いはあるようです。

または交際もしていないのに、結婚する!という即断即決パターンも男性には存在します。

男性が迷っているような場合、自分の気持ちがよくわからないということはよくあるものです。

そのときは、女性の包容力を見せる時です。男性を待ってあげる包容力、受容性を発揮しましょう。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。