安売りしない女性を心がける。恋愛にもブランディングが重要。

安売りしない女性を心がける。恋愛にもブランディングが重要。
Pocket

女性は男性に対して、安売りはしない方がいいと聞いたことはありませんか?

これは本当で、少しわがまま、少し高飛車くらいのイメージの方が、優しくよい男性を捕まえるものです。

これはお買い物のセールの心理、高級ブランドを購入する心理と似たところがあります。

女性は少しでも自分を高く売る方がよい!セルフブランディングの重要性についてご紹介していきましょう。

きれいな物は汚せない心理

自分の部屋を想像してみましょう。一度散らかりだすと、もういいや‥思うことはありませんか?

散らかっているし、もっと散らかっても仕方ない。

これはお買い物のセール会場も思い浮かべてみてください。セールなので、商品の陳列も乱れています。

散らかっているのだから、商品を見て、戻すときも散らかっている棚に戻さなければいけません。

売り物ですけれど、多少は乱雑な扱いになりますよね。陳列も乱れているのだから。

このような心理が、女性に対しても男性が感じているとしたら、どうでしょうか。

例えば、女性が婚活カウンセリングを受けるとき、マナーや所作の美しさ、言葉使いなどを徹底的に教えてもらう場合があります。

それなりに社会的信用もあり、育った環境もしっかりしている男性なら、女性の年収などよりも、言葉遣いや所作の美しさに惹かれるのは当然だからです。

乱雑なイメージを持つ女性は、雑に扱ってもいいのではないか。そんな心理を男性が持っているとしたら。

言わずもがなですね。自分を美しく価値ある女性と思ってもらうためにも、安売りはしてはいけないのです。

高級品には信頼がある

ブランディングという単語を聞いたことがありますか。

ブランディングとは、対象のユーザーに商品のコンセプトをアピールし、価値があると認識させるマーケティングのことです。

先程から女性を売り物に例えて記述しているので、勘違いしないで欲しいのですが、女性は持って生まれた”女性性”を大切にして欲しいのです。

女性の社会進出とともに、甘えるのが下手。媚びているように見られたくない。と、持って生まれた女性性をあえて否定し、そして、モテない。と嘆く女性が増加傾向にあるように感じます。

男性とは違う喜び、自分が女性であることを楽しんで頂きたいなと思います。

話は戻りまして、例えば5つ星ホテル。信頼度が高いですよね。信頼度というのは、女性に置き換えてみると、自己肯定感のしっかりある女性かと思います。

出だしの文章で”高飛車”という単語を使いましたが、これも自己肯定感がしっかりある女性と思ってください。ブランディングが出来ている女性です。

自分の長所をよく知っており、女性にも男性にも自分の売り出し方をよく知っています。つまり自分のことをよく知っている、ブランディングが出来ている女性です。

自分も他者も認めてあげることが出来るので、余裕がある魅力的な女性に映るのです。ブランド力がある商品は誰もが憧れるでしょう。

安売りとは自己肯定感が低い

モテ服やモテメイクに拘ることはありません。あなたの個性を大切にして輝きましょう。10人に7人の男性が、好きな女性のタイプが同じだったとしましょう。

残り3名は、ちょっと個性的な方が好きである。そして、自分は少数派の個性的な方の分類に入るようだ。と自分を分析したとしましょう。

そうやって、自分をブランディングしていくと、自分にはどのようなお相手が合っているのか、理解出来るようになって来ます。

安売りというのは、相手に好きになって欲しいから、自己犠牲的に男性に尽くしてしまったり、

自分には合ってないと自分でも薄々気づいているのに、彼のことが好きだからという理由で、未来のない不毛な恋愛を続けてしまったりということが、自分の自己肯定感を壊し、あなたの大切な時間を安売りしてしまうことになりかねません。

女性が男性を弄んでいるようで、実は遊ばれていたということにもなりかねません。注意してみましょう。

安売りしない女性を心がける、まとめ

・雑になっている場所は、散らかしてもいい、汚してもいいという心理は働く。安売りすると、相手からぞんざいに扱われたり、大切にされない。

・自分ブランディングをして、自分のことを研究してみる。自ずと自分が進む未来をイメージし、未来を描けるようになる。

・安売りとは、自己肯定感が低いとも言える。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。