彼とのLINEの使い方、5つのポイント

彼とのLINEの使い方、5つのポイント
Pocket

現在の断トツ人気のコミュニケーションツールであるLINE。

LINEでの恋愛トラブルは絶ちません。表情が見えない分、喧嘩にもなりやすく、LINEでブロックされてそのままさよなら。またはフェードアウトされて、そのままお別れすることに‥。

彼とのLINEを使うときの、心構えについてご紹介していきましょう。

LINEの回数は、愛情に比例しない

交際始めの頃より、LINEの回数が減った。なんだか素っ気ない。返信が遅くなった。雑に扱われている気がする。

女性側からよく聞く話題ですが、男性は「あくまで連絡ツールとして位置づけている。」「愛情とは関係なく、会ったときに優しくしているつもり。」そんな意見が多いようです。

確かに連絡ツールですよね。待ち合わせなどの時にはとても便利です。普段から、少し遅れても必ず返信してくれているようでしたら、会ったときに質問してみるのがいいですね。

そこで負の感情に取り込まれると、男性側が冷たくしたつもりも、ぞんざいに扱ったつもりもないのに、女性が拗ねていたら、ご機嫌を取らないといけないのか‥男性は疲れてしまいます。

雑に扱われている気がするというのは、女性側の主観が大きいので、拗ねないようにして、誤解が生まれないように会ったときに彼を観察してみたり、質問をしてみましょう。

相手の文章のボリュームに合わせる

彼は基本短文で、数行ずつ返信してくれるようでしたら、あなたも彼に合わせて数行にしてみる。スタンプのボリュームも揃えるとよいです。

女性で過ちを行いがちなのは、自分が言いたいことを、私はこういう風に思うんだけど。と長文で送ったり、まだ彼から返信が来ていないのに、違う話題を次々に送ってしまう。

男性は、どの内容に対して返信していいのか、またはどの内容が重要度が高いのか、わからなくなりますし、返信しなくていい内容かも。と判断してしまう可能性も。

歩く歩幅を合わせるように、彼に合わせてあげると、男性も自分と同じリズムで安心感を覚えるでしょう。

察して欲しいは通じない

女性は無意識に、こんな回答が来るんじゃないかと考えていることがあります。いわゆる妄想です。

無意識なので意図的にしているわけではなく、思った回答が来なかったら、やっぱり・・私は愛されていない。

勝手に悲しくなってしまうことも多々。喧嘩の原因になるので、彼に察して欲しい、言って欲しいことをLINEで言葉にして送るのはやめましょう。

文字だけなので、誤解が生じやすいです。あなたが伝えたかったことは、彼には伝わっていない可能性が高いです。

LINEで好き避けはしない

好きなのに素直になれない。相手に冷たくしてしまう。本当は彼とは別れたくないのに、追ってきて欲しいから、拗ねてしまう。避けてしまう。

LINEでそれをしてしまうと、ほぼほぼ喧嘩になります。あくまでLINEは連絡ツールと再認識しましょう。

女性からつれなくして、男性から何かしら反論、または反応があると思っていたのに、そのまま返信がなく、泣く女性が多いです。

自分で自分の恋愛を壊すようなことはやめましょう。

男性は女性よりもプライドは高いもの。相手から別れるような素振りがあったとしたら、男らしくそれを甘んじて受入れるかもしれません。

もっと話し合いたかっただけなのに。後で後悔しても万事休す!女性は素直がいちばんです。

重要な話はLINEでしない

なかなか会えない、多忙だから、ついついLINEで話をしてしまいがち。彼の気持ちを聞きたい、これからのことを話したい。そんな重要な話題をLINEでするのはNGです。

遠距離などで会えないのなら、LINEではなく電話で。

表情も声も聞けないのに、重要な話題を文字だけでするのはリスクが高いです。

またあなたにとっては、それほど重要と思っていなくても、文字だけのやりとりでエスカレートして、喧嘩になることも。

LINEの喧嘩がきっかけで、ふたりの関係が悪化することは多いものです。そして女性が拗ねる、思い込みが激しいことによって、喧嘩になりやすいので、要注意です。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。