浮気症な男性の5つの特徴とは

浮気症な男性の5つの特徴とは
Pocket

私の彼はもしかしたら、浮気者?病的な浮気症?

女性ならば気になってしまう彼のこと。常に何となく他の女性の存在があるような気がして、

いつも不安。嫌ですよね。浮気性の男性の特徴を5つご紹介しましょう。

①SNSのアイコンが自分の顔の画像

学生など若いならまだしも、アラサーになっても、または年齢を問わず自分の自撮り写真を

使っている男性も少なくないようです。女性が自分の画像を使用しているのは置いておいて、

男性でもスマホを手に顔の一部は隠していたとしても、自分の顔を使用している場合は、

女性の目を意識している心理の現れとも言えます。異性を意識しているということは、

モテたい!心理が強く働いているのでしょう。本人は無意識かもしれませんが、心の根底に

女性を常に意識している自分がいて、複数の女性にモテたい願望があるようです。

また自分に自信があるとも言えるでしょう。

 

②SNSのアイコンの画像を頻繁に変える

こちらも学生など若いうちは大きな意味はないかもしれませんが、社会人になっても

年齢を問わず、画像をよく変更する男性はいるものです。自分の画像ではなくてもです。

変化を求める。という心理が働いていますから、常に新しいもの、女性も新しい人へ目が向きがちです。

気持ちが落ち着いていない現れと、常に新しいものへの枯渇の心理が働いているでしょう。

男性は細かいところには気持ちが向きづらいものです。アイコンを頻繁に変えるというのは

女性ならば細かいところに意識が向いているので、変更する女性も多いと思いますが、

この細かな点に意識が働く男性は、それだけ気持ちが流動的に動きやすいとも言えるでしょう。

③あなたと出会う直前まで、他の女性と交際していた。

あなたと交際に発展する前に、直前まで交際していた女性はいるでしょうか。

浮気性の男性は、交際していた女性が直前までいたのにも関わらず、元カノさんとの交際の余韻に浸ることもなく、

以前の女性と交際しているのにも関わらず、新しい女性であるあなたに乗り換えたとも言えます。

また妻がいるのに、他の女性と交際するのも同じような心理が働いているでしょう。

いつでもフットワーク軽く、前の恋の途中から、新しい恋人へと交際がダブっていることも少なくないようです。

男性は女性よりも気持ちの切り替えに時間はかかるものです。

 

④ワンナイトラブの経験がある男性

ワンナイトラブが悪いというわけではありませんが、ワンナイトラブ経験がある。または豊富な男性は、

女性と深い仲になることに抵抗は少ないようです。また浮気に関しても、たった一度だよ。

というように、浮気に関してのハードルも低いと言えます。

彼の中でハードルが低いことですから、悪いこと。という意識も低いと言えるでしょう。

ワンナイトラブ経験者の男性で、度々女性をお持ち帰り。する男性は、交際そのものが長続きせず、短命な場合も多いでしょう。

その点からみても、多くの女性と交際することになってしまい、新しい女性との交際に躊躇なく挑めると言えるでしょう。

⑤モテたいと常に言葉にする男性

男性は女性と違って、複数の女性を相手に、同じように愛情を注ぐことが出来ます。

古代からのDNAとも言えます。自分を好いてくれる女性はみんな好き。

女性が巣作りをするのに対して、男性は外に狩りに行き、遺伝子を出来るだけ多く残す古代の記憶があります。

男性はほぼ全員が遺伝子を残すというのはDNAに刻まれていると言っても、仲でもモテたい!と

よく口にする男性は要注意です。どの男性もモテたい気持ちはあっても、頻繁にモテたい。とは

言葉にする男性は、そう多くはありません。

このモテたいという言葉は、ストレートにそのままの意味で受け取ってOKです。

複数の女性にモテたいのです。女性がモテたいのはたったひとりの好きな男性にだけでしょう。

男性は、遺伝子を残さなければいけないというDNAの記憶から、遺伝子を残す多くの女性を必要としています。男性の言葉には裏表はそれほどありません。

男性が口にする言葉はストレートに素直に受け取っていいでしょう。

モテたい!願望が強く、言葉にまで口にする男性は、多くの女性を相手にしたい浮気心が根底にあるでしょう。

いかがでしたか。

男性は基本的には全員浮気願望は、女性よりも多いかもしれません。浮気性は治る場合も多いです。

浮気性の男性だけど、そういう男性は、仕事の能力も高い方が多いです。狩猟本能が高いからです。

浮気性の男性だからだめとレッテルを貼らないであげるといいでしょう。

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。