既読スルーをする3つの理由

既読スルーをする3つの理由
Pocket

既読スルーに悩んでいる女性は多いでしょう。すぐに連絡が取れ、待ち合わせには便利である反面、女性の精神を蝕むことになる既読スルー。

彼が既読スルーしてしまう理由には、あなたへの気持ちが冷めた場合と、単純にあなたの取り越し苦労の2パターンが存在します。

それでは紹介していきましょう。

フェードアウトを狙っている場合の既読スルー

既読スルーをしてそのまま連絡を断つ方法です。

きちんと交際が始まっていて、今まで時間がかかっても必ず返信をくれていた彼が、ある時から既読スルーをしてそのまま連絡が来ない。

交際期間が3ヶ月以上あり、彼の性格もよく知っていて、連絡が1ヶ月以上来ない場合は、

1.携帯を破損、紛失、不慮の事故によって連絡が取れなくなった
2.浮気をしている。
3.別れを考えている。

最悪なパターンです。交際3ヶ月以上あり、お互いに信頼関係が出来上がっているのに、1ヶ月以上連絡が来ないのは上記のどれかに当てはまるでしょう。

不慮の事故、携帯紛失などであれば、アナログに手紙を書いて確認する方法もあります。親しい共通の友人・親族に連絡をしてみるという方法もありますよね。

彼の住所や勤務先などの情報を知らなかったり、携帯以外の方法で連絡は取れない人間関係は、真のパートナーシップとは言えず、きちんと交際をしていたと言い難いですね。

人間関係が希薄過ぎていますので、普段から携帯以外でも連絡が取り合える人間関係を築いておきましょう。

恋活アプリ等で出会い、実際会ったのは数回、もしくはネットだけのお付き合いで、交際期間が短い、彼のことはまだよく知らないようなお付き合いの場合も、上記の3つのどれかに当てはまることが多いでしょう。

稀な例ですが、会社の倒産、借金の資金繰りなどで、数ヶ月連絡が取りたくても取れなかった。という例もございます。

普段から携帯に頼りすぎず、あらゆる手段で彼と連絡が取れる真の人間関係を構築するように心がけましょう。

 

返信内容を考えている、返信に時間がかかる男性

恋活アプリ等で交際が始まったばかりの彼に、予め質問しておいた方がいいことがあります。

それは連絡をするのは、苦手なタイプなのかどうか。ということです。交際が始まった時点で、ハッキリ質問しておくといいでしょう。

親族でもありがちですが、返信に時間がかかる男性は多いものです。女性と違って感情の動くままに、とりあえず送信!ではないからです。

文章内容を考える時間が欲しい男性は多いです。女性よりも臨機応変に対応が出来ないということです。

「後で返信するね!」女性の友人なら、まずワンクッション連絡をしてくれることが多いです。

これは相手を気遣うことが出来る女性ならではでしょう。男性が気遣う能力がないというわけではなく、相手にきちんとした文章を送らなくては。という方向への気遣いが男性にはあります。

気遣う点が、男性と女性では違うのだな。と思ってください。
 

返信しなくても大丈夫な内容と思っている

女性が「お腹すいたなー」+スタンプで、男性に連絡したとします。

女性は勝手に自分の都合のよいように、「何か美味しいものでも食べに行きたいね」「今週○○のお店にいかない?」

そんな返信が彼から来るんじゃないかと、心の奥底では”期待”していませんか。ということです。

同性の友人なら、スタンプひとつでも返信がありますからね。彼もスタンプくらいはあるだろう。と考えてもおかしくはありません。

男性は、もっと具体的な文章でなければ、意味がない文章と捉えたり、どう返答していいのかわからない男性もいらっしゃいます。

男女の脳の構造の違いと捉えてください。

お腹すいたなーと言われても、僕はお腹すいてないし。で?何が言いたいのだろう。

彼の頭の中に疑問がたくさんあるかもしれませんね。特に返信しなくてもいい内容と結果を出すと、返信しなくても大丈夫。と脳内変換されているでしょう。

返信しないことが、特に悪いこと、無礼なこととは考えていないでしょう。

長文過ぎても、起承転結が理解できず、彼女が何を言いたいのか、読み取ることが出来なかった。という場合も多いです。

短文で起承転結を考え、雰囲気だけで文章を送らないのも鉄則です。色々考えると女性側はつらくなってしまうので、わかりやすいシンプルな文章を送る。を心がけましょう。

既読スルーの3つの理由、まとめ

・返信内容を考える時間が欲しい男性は多いようです。適当にとりあえず返信ということが女性よりも臨機応変には出来ず、きちんとした内容で返信したいという女性とは違う真面目さがそこにあるでしょう。

・女性からの連絡に、返信が必要な内容ではないと判断している場合もある。女性側から伝えたいことが、彼に伝わっていないので、返信しなくてもいいのではないかと男性側が解釈していることもある。

・既読スルーをして、そのままフェードアウトをしようとしている場合もあります。男性は女性に嫌われたくない心理から、男性側からハッキリと別れを言うことは少ないようです。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。