恋活と婚活の違いを知ろう。

恋活と婚活の違いを知ろう。
Pocket

恋活と婚活がごっちゃになっていませんか。あなたは本当に結婚がしたいですか。

をテーマにご紹介していきましょう。

恋愛と結婚は別に考えよう。恋愛の先に結婚があるだろう。色々な考えがありますよね。どれも間違いではなく正解です。

婚活と言いつつ、恋活をしていませんか。ということを整理してみましょう。

婚活疲れになる理由

婚活疲れになる理由は、結婚生活に対してイメージがしっかり出来ていないからです。もうひとつは、自分のことがよくわからないからです。

イメージ出来ないことは具現化しない、現実化しないということです。

10代~20代の若いうちにたくさん恋愛をした方がいいのは、恋愛を学ぶ時期に向いているからです。体力もあり、独身の友人がたくさんいます。気持ちも身体も軽やかな時期を有効的に過ごしましょう。

義務教育があるように、20代は恋愛を学び、30代では仕事と自分の方向性を、40代では自分の人生の意味と向き合い、50代には老後の終活に向けて考えていくのに最適な時期だからです。

間違えてはならないのは、あくまで最適な年代ということです。

どんな生き方をしてもあなたの自由ですから、自分を縛らなくてもいいのです。例えば昔からずっと海外で働いてみたい。という想いがあるとしたら、それは持って生まれた命運がそうかもしれないので、そんなときは占いを利用してみるのも有効です。

自分はどのように生きたいのか、しっかり自分を見つめていくと、どのような生活を送って、どのような人と一緒にいたいのか、結婚に対してのイメージも少しずつ出来てくるでしょう。

 

結婚に真剣に向き合っていない

婚活と言いつつ、出会って早い段階で男女の仲になってしまったり、お相手の気持ちを推し量ったり、悶々とする女性もいらっしゃいます。

男女の仲になって悪いということはないですが、それは恋愛したいだけではないのか、自分に一度問いかけてみてください。

お相手の男性にも、私は結婚を考えています。あなたも結婚を真剣に考えていますか。くらいはハッキリお互い伝え合ってもいいでしょう。

恋愛と婚活は違うのです。婚活の場合は、デート3回を目安にしましょう。結婚を前提の出会いの場ですから、3回会ってみて、結婚を前提として交際を開始するのか、しないのか。決めるといいでしょう。

相手の男性にあなたの真剣さは伝わっていますでしょうか。伝わっていないと、恋愛で終わってもいい女性となり、そのまま悲恋になる可能性もあります。あなたが私は結婚まで考えなくていい女性ですよ。と結果的に誘導しているかもしれないということです。

重い女と思われたくないと考えるかもしれませんが、悶々として自分の中に抱え込むより、最初の段階で、結婚前提の交際のなのか、スパッとお相手に伝えた方が、颯爽としていて重くはないでしょう。

婚活の場で出会ったのに、何度も食事に行って、結婚する気があるのか、ないのかハッキリしない男性もいらっしゃいますよね。

そのような男性も結婚より恋愛がしたいだけということもあります。男性本人にも自覚がない場合も。結婚相手を求める場では、失礼とも言えます。

 

強く願った時点で、願いは8割叶っている

好きな人が出来たら、結婚はしたい。誰でもいいから結婚したいわけではないですよね。

育った環境も違う男女がお互いに尊重し合って、何十年も上手くいく。なかなか簡単なことではないですが、多くの人がチャレンジしていることでもあります。

例えば占い師になりたい。とあなたが願ったとします。なりたいと思った時点で8割はなれるのです。結婚する。と願った時点で、願いは叶うと思ってください。

多くは、心の奥底で否定しているので叶わないだけなのです。

毎日ひとつ、結婚に対して頑張ってみる。肯定文をつくってみる。毎日ひとつずつ積み上げて365個の願いを積み上げて、努力して、翌年がそれがゼロになる。ということはないです。

必ず何かしらの結果はついて来ます。

そう考えてもあなたが結婚する。と願いと目標を立てたとしたら、それは叶うのです。

心の奥底で自分の願いを否定していないか、探してみてください。出来ない自分というのを肯定していませんか。

そして本当に結婚したいのか。考えてみてください。好きな人が出来たら結婚すると考えているとしたら、好きな人が出てこなかったら結婚したくないと考えている自分も存在するでしょう。

極論をご紹介しましたが、自分が考えていることは必ず具現化する。現実化するというのは本当です。

今日努力したことは、明日裏切るということはありません。恋愛したいのではなく、結婚する。この目標が本物で、真剣に向き合うのなら、何らかの結果は必ず出ます。

恋活と婚活の違いを知ろう、まとめ

・結婚に限らず、本気で何かに取り組んだとき、何らかの形で願いは叶う。達成する。

・恋愛の先に結婚したい。と考えるのであれば、とことんその恋愛に取り組んでみる。将来何となく嫌な想像が浮かぶ場合は、それが現実化する。

・イメージノートをつくって、毎日その問題に取り組んでみる。実は自分は結婚は望んでいない。という本当の自分の願いに気づくこともある。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。